使用しているゼオライトについて

ゼオライトについて
ゼオライトの原石

800年以上も前から人々の健康のために使われてきただけではなく、日本でも古くから使用され、 “貴重なもの” として正倉院にも保管されていたことが知られているゼオライト。

ゼオライトは、溶岩と海水が混ざり合い、何千万年の時を経て形成された天然の鉱物で、長年に渡り、空気や水、土などに含まれる不要な物質を吸着・除去し、浄化させる目的にも活用されていきました。

よく知られているところでは、「ディーゼル排気粒子フィルター」、「業務用や家庭用の浄水器や空気清浄機のフィルター」、「脱臭乾燥剤」、「海水の浄化装置用フィルター」、「水槽のろ過材」、「畜産用飼料添加物」、「園芸用資材」、「高機能マスク(ゼオライトマスク)」、「歯磨き粉」にも配合されるなど、様々な分野において活用されているので、ゼオライトという名前を聞いたことがあるという方は大勢おられることと思います。


サプリメントに適した成分として広く知られている “クリノプチロライト” を使用

メディライトプラス及びアクアスゼオには、世界で52種類確認されている天然ゼオライトの内、サプリメントに適していることが広く知られている、クリノプティロライトを使用しております。

(島根県で採掘された天然のゼオライト「クリノプチロライト」を使用)

クリノプチロライトとよく比較されるモルデン沸石(モルデナイト)は、細孔径が6.7~7.0 オングストロームと大きく比較的大きな分子も吸着する可能性がある為、本製品では、より安全なクリノプチロライトを採用致しております。

天然ゼオライトが持つ特性及び安全性について

天然ゼオライトはミネラルの中でも珍しく非常に高くマイナスにチャージされ(負電荷)帯電している分子で、ものすごくプラスにチャージされている(正電荷)物質のみを磁石のように吸い取ります。

体にとって必要な栄養成分のほとんどは、マイナスにチャージされているという特徴があると共に、分子の大きさはクリノプティロライトの細孔径よりも大きい為、これらが吸着・除去されることはございません。

たとえば、カルシウムやカリウムはプラスにチャージされている分子ですが、これらの分子は、プラスでもチャージの度合いがさほどでもない元素で吸着しにくく、仮に一度ケージに取り込まれても更に引き寄せる力の強いものと常に入れ替わる仕組みになっています。

しかも、カルシウムやマグネシウムは、体にとって必要ない物質と比べると、分子が大きく、ケージ(細孔内)に定着しにくい特性があります。

また、カリウムは分子サイズが大きすぎて細孔に入れません。

クリノプチロライトの分子構造は熱にも耐久性が強く、ガラスの溶解度と同じくらいの熱を与えないと分解しません。


以上を踏まえ、天然のゼオライト(クリノプチロライト)は、体内で分解されることなく、安全に体外へ排出される特性があるというと、そして、体にとって必要な栄養分が除去されることがないため、安心してお使いいただけるものであるということは、すでに充分にご理解いただけたことでしょう。


本製品(液体ゼオライト「メディライトプラス及びアクアスゼオ」)は保健所による品質試験及び、日本食品分析センターによる検査において安全基準を満たしていることが確認されている製品です。


このページの先頭へ